お散歩自転車、その後

黒板自転車1
なんだか方向性を見失っている気が・・・。

その後黒板自転車には無事ディメンジョンのダブルベンドバーが付いてしまいました。
その際パイプ径がナニなので、Tektroのトップマウントレバー で一旦ごまかし、ケーブルは右前というのはVブレーキ使用の際、見た目が気に入らないので左前に(相変わらず取り回しが下手ですが)。
ホントはバーテープが良いのだろうけれど、握り心地が好きなディメンジョンのコルクグリップに。

ちょっとだけ使うつもりで放置されていた、RACE FACE RIDE DH X-TYPE SS CRANKSを使ってみようかとちょっとしたアダプタを介して(68mmのシェルに83mmのBB使うのって相当無理がありますが)装着。
なんちゃってシングルでギア比が2:1なのですが、クランクの長さは175mmと、僕の身長からすると少し長めなのでまーまー登れます。

んでRack Timeのキャリアも付けて、ますます方向を見失ってしまった散歩自転車ですが、昨日はプリンタのインクの買い足しの為、峠を一つ越えた先にある量販店に行った帰り、林道に突入してみました。

アウター受け用に最適な穴がステムに空いてる、やっぱりカンティにしよかなー
アウター受け用に最適な穴がステムに空いてる、やっぱりカンティにしよかなー

やはりハンドル幅が少し狭めなので下りは安定感に欠けるけれど、いやまーコレもありかな、ぐらいには楽しい。

「お散歩自転車、その後」への2件のフィードバック

  1. むむむ、そのキャリアはフォールドイットですな。
    チューブスのゴムは必携かと。
    方向性の無い方向がとても良いと思います。僕は。
    本日、ニシキのオンボロマウンテンを見かけました。
    えらく、興奮してしまいました。

    1. チューブスのゴムは必携、なるほど。
      スポークに噛ませるリフレクターとフェンダーを物色中ですが、あんまり一気にやるのも良くないのと、それよりも先に仕事用の機器をなんとかしなければいけないのが痛いのですねやわ。
      先日ボッロボロのシルクのランドナーを近所で見かけて少しだけ興奮しましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.